2014年09月25日

ジャスミンの花言葉


ジャスミンはモクセイ科ソケイ属でつる性常緑低木です。開花時期は、3月から5月とされており、花名のジャスミンは、ペルシャ語の「ヤースミーン(神からの贈り物)」に由来するといわれます。


スポンサーリンク





ジャスミン〜香りの王の花言葉〜



ジャスミンの香りは、香水の原料となるほど、強く官能的で有名です。「香りの王」はジャスミン、「香りの女王」はバラといわれる程、香水やジャスミン茶、アロマオイルの原料にも使用されています。


聖母マリアを連想させるほどの白色のエレガントな花は、宗教的には優美と気品の象徴とされています。インドでは、インドでは「愛の花」といわれていて、女性たちは恋人から贈られたジャスミンの花を髪の毛に編み込みます。結婚式でもジャスミンの花輪で着飾ります。


そんな、ジャスミンの花言葉は、「愛想のよい」「優美」「愛らしさ」「官能的」といわれています。ジャスミンには官能的なインドールと、麻酔性を持つリトナールという二種類の香りがあって、この香りがついていくということから花言葉「私はあなたについていく」が付きました。


見た目は白く可憐で、「素直」、「清純」なイメージを持ちますが、その発する香りが官能的で情熱的で、肉食的なイメージを持ってしまいます。


贈るほうはどんな気持ちで贈るといいのでしょうか。色々と思案してしまう、花ですね。


スポンサーリンク



posted by hanakoto at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャスミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。