2014年09月25日

彼岸花の花言葉


彼岸花は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)、地獄花、葬式花、死人花、ハッカケババアなどもっとも多くの名を持つ植物です。


スポンサーリンク





彼岸花〜色別の様々な花言葉〜



原産地は中国で、開花時期は9月の中旬から下旬と大体一週間ほどで、田んぼの畦道などに多く生息しています。短期間しか生息しないのに、沢山の名前を持つ彼岸花、独特の怪しげな雰囲気で魅了される人は多くいるのではないでしょうか。


実は、毒性のある彼岸花ですが、彼岸花の毒は水溶性のため水洗いして処理をした球根からデンプンを取って食べることもできるそうです。実際、昔は救荒作物であって飢饉や戦時中などの食糧不足の際に緊急的に食べられたそうです。今、考えるととても勇気ある行動ですよね。


さて、彼岸花は、秋の季語にも多く用いられますが、花言葉は、赤色だけではなく、ほかにも白、黄色とあり、花言葉もさまざまです。


赤い彼岸花の花言葉は「情熱」、「独立」「再会」「あきらめ」です。また、白い彼岸花(シロバナヒガンバナ)の花言葉は、「また会う日を楽しみに」「想うはあなた」と、赤い彼岸花よりも柔らかなイメージになります。そして、黄色い彼岸花の花言葉は、「悲しい思い出」「追想」「深い思いやり」です。彼岸花に限らず、同じ花でも色が違えば花言葉がずいぶん違いますね。


彼岸花はイメージと花言葉がずいぶんと違いますので、贈る時はメッセージカードや贈る気持ちを言葉で伝えると、贈る相手に伝わるのではないでしょうか。


スポンサーリンク



posted by hanakoto at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 彼岸花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。