2014年09月23日

桜(さくら)の花言葉



桜の花言葉は、「心の美」「優れた美人」「精神美」「高尚」「純潔」、などがあり、外見的というよりかは、内面的なものを表現しています。桜はその歴史は古く、古事記に木之花咲耶姫(このはなさくやひめ)が富士の高嶺より種を撒いたことで広まったと記されれています。


スポンサーリンク





桜〜種類別の花言葉〜



昔も今も「花」といえば桜のことを指すほど、日本人にも広く愛されており、また、一斉に美しく咲き、あっという間に命短く潔く散る、という特性が日本人の武士道に通じるものがあり、昔も今も、特別な思いを寄せる花としては、他に無いといってもよいでしょう。


桜はバラ科に属します。落葉高木で日本だけでも約600種類以上あります。種類によって、花言葉があり、代表的な品種の花言葉はこのようになります。


・八重桜:豊かな教養・善良な教育・しとやか・理知に富んだ教育

・そめい吉野:高貴、清純、精神愛・優れた美人

・山桜:純潔・高尚・淡白・美麗

・しだれ桜:優美・純潔・精神美・淡泊・ごまかし


どれも清楚な美しさという感じですね。清楚な美しさはさまざまな苦難を乗り越えてきた高貴な心の輝きです。凛と通った気高さは、大人の美しさを例えたものではないでしょうか。表面を取り繕ったものではない、装ってみにつけらるものではない、精神的な美しさを持った人は、誰からも尊敬をもって迎えられるでしょう。


そんな方には桜の花をお贈りすると喜ばれるのではないでしょうか。そして、また自身を相手に理解してもらうため、一つのツールとしてお贈りしてみるのも良いのかもしれません。


スポンサーリンク



posted by hanakoto at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。