2014年09月26日

胡蝶蘭の花言葉


胡蝶蘭はラン科の多年草で原産地は熱帯アジアといわれています。種類は700属15000種類以上、日本では75種、230種あると言われています。また観賞用として品種改良が盛んな花です。


スポンサーリンク





胡蝶蘭〜特別な日に贈る花言葉〜



大きさはさまざまですが、草丈は30センチから1メートル前後といわれています。花期の時期は12から5月ほどですが、現在は温室で栽培をされているため、年中、栽培されており、花色も白、紅、ピンク、黄色があります。


胡蝶蘭は特別な日に贈答される花の一つですが、その花言葉は花色や送るシーンに合わせることができます。花言葉は「幸福が飛んでくる」「変わらぬ愛」という意味が大意ですが、白い胡蝶蘭には「清純」,「変わらぬ愛」といわれています。凛とした清清しい白花にはぴったりです。


また、ピンクの胡蝶蘭には「あなたを愛します」という意味があるといわれます。プロポーズをする際、ドキドキして口にするのが恥ずかしい場合は、まずピンクの胡蝶蘭で花言葉をメッセージに添えて贈ってみるのはいかがでしょうか。


そして、胡蝶蘭は昇進祝いなど、ビジネスの面から贈ることが多く、そんな花言葉の一つには「機敏な人」という意味もあります。機敏な人というと仕事を連想するかと思います。これからの仕事や事業での成功を祈って贈るのも良いかと思います。


胡蝶蘭はプロポーズからビジネスシーンまで、さまざまな場面でも贈る事ができる、珍しい花です。メッセージカードに気持ちをそっと添えて伝えてみるのはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



posted by hanakoto at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡蝶蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405902549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。